下半身の脱毛は、デリケートゾーンの両膝上、両膝下の3つのパーツに分けられます。ビジネス男性02
特にデリケートゾーンは名前のとおり大変敏感かつ重要な部分ですから、自己流の脱毛は大変危険な場合があります。生殖器官に近い部分ですから、大切な器官が薬剤に触れないよう、脱毛ワックスやクリームの取扱いには十分に留意する必要があります。また、皮膚も薄く非常に敏感な部分ですので、薬剤やカミソリで肌を傷めやすく、しかも傷めた部分が色素沈着等を起こして黒ずんでしまう場合があります。せっかくムダ毛を修理しても、肌が美しくなくては効果も半減してしまいます。このようなリスクを抑えるために、プロの技術に任せるのがよいでしょう。

両膝上下のパーツは、比較的に自分でもムダ毛処理がしやすい部分です。身体の他の部分に比べて皮膚も丈夫ですので、肌トラブルの無い方は自分で処理をしてもよいでしょう。市販のワックスやクリームを使う場合は、使う前に皮膚の一部でパッチテストをして、トラブルが起きないか確認してから使いましょう。カミソリ等を使う時は、決して肌をこすらないよう注意する必要があります。肌をこすりすぎると、皮膚表面が傷つき毛穴が広がってしまう場合があります。処理が終わったら、ボディローションやクリームで保湿しお肌を保護しましょう。